雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年05月16日

橋下市長の従軍慰安婦発言

大阪市長の橋下徹さんって、やはりスゴイ人だと思う。「従軍慰安婦は必要だった」などと発言したことがスゴイという意味ではないが、自分の本音を表現するところがスゴイと思う。普通の人でさえ、綺麗ごとではなく事実をいうことには勇気がいる。

政治家は人気商売である。それにも拘らず、ひとの恨みを買いかねない、あるいは物議を呼ぶかも知れぬのに、恐れずに事実を話すのはほんとうにスゴイことだと思う。

この発言に対して国内外からたくさんの批判が寄せられているという。その多くは、女性の人権を無視しているなどというものだ。当たり前の事実だが当時は多くの女性や経済的弱者は人権が軽視されていたのは事実である。

それにしても、いわゆる従軍慰安婦(兵隊さん相手の公娼)は必要だったのだろうか。ソ連軍などのように戦地での強姦暴行を認めるのが良かったのか。それとも、自由恋愛という名目で兵士たちの自由にさせれば良かったのだろうか。

日本軍は、国内で認められていた公娼制度(当時は民間が経営する売春組織を国家が認めていた)を利活用した。これは駐留する敵地の婦女子を守るためでもあった。どこかの軍隊のように一般国民、銃を持たない人たちを襲うことはしなかった。そういう行為を禁じるという軍規は正しく守られていたと思う。もちろん、例外はあっただろうが。

そんなふうに考えていくと、橋下徹さんの考えているのと同じ結論で、いわゆる従軍慰安婦は必要悪だったのだろう、となってしまった。おそらく、こんな考えに反対する人は多いだろう。でも、女性の人権が向上した今だからこその議論であり、当時の状況では経済的弱者の家族である婦女子は口減らしのため親たちに売られたこともかなりあったようだ。なかには、親たちから騙されて売られたものもいるだろう。悲惨であり、可哀想で、同情するしかないが、これをもって軍や国家を恨むべきではないと思う。

わたしたちは、過去を見るのも大事だが、あのような酷い戦争を二度と起さないようにするためどうするべきか、を考えるべきだ。そのためには、まず事実を明らかにすることが肝心だと思う。そういう点から今般の橋下市長の発言を多としたい。

それから市長は、沖縄駐在の米軍司令官に所属兵士たちがもっと風俗店を利用するようにして、破廉恥行為な行為が今後起こらないようにしてもらいたい、と話したそうだ。もっと厳しく取り締まれというべきところを嫌味かユーモアをこめて話したことだと感じる。まぁほんとうのところは、ちょっとした嫌味なんだろう。これも別におかしい話ではないと思うのだが。



同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。