雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年05月18日

日本の名誉に関わる問題

何時だって、わたしたちの国、日本が世界に誇れる国であって欲しいと思っている。もちろん、隣国である韓国、北朝鮮、中国、台湾、ロシア、アメリカもそうであって欲しい。しかし今、いわゆる従軍慰安婦という問題で、日本という国家は破廉恥で残虐だと一部の隣国、特に韓国から激しく糾弾されている。

この問題をわたしはもはや看過することができない。真実はどうだったのか。それを知りたいと思う。わたしは、何時ぞやの記事で、女衒(ぜげん)に手を引っ張られ、振り返り振り返りアリラン峠を泣きながら越えていく少女を想像し、可哀想だと書いたことがある。ほんとうに可哀想なことであり、深い同情を寄せるところである。

しかし、これが日本という国あるいはその組織である軍が強制したかとなるとそれは違うと言いたい。これは国の名誉に関する由々しき問題だと思う。もし事実とすれば、これはナチスのユダヤ人虐殺(ジェノサイド)に類するような非道だと思う。しかし、それは事実だったのだろうか。わたしには事実であったとは到底思えない。当時の軍指導部がいかに下劣愚能であったとしてもそこまではしなかったと考えたい。幸い、政府が調べた限りにおいてはそのような事実はみられなかった。

しかしそれにも拘らず、この問題は終わっていない。何故なのか。まず第一に、嘘をついてまで我が国を陥れようとする組織、団体が何らかの意図を持ってプロパガンパをしていることをあげることができる。もうひとつは、外部に悪役、敵をつくることによって自国内の問題から眼をそらせるということが可能になるということ。この手法は、抵抗勢力というレッテル張りで敵をつくることによる情報操作の例とよく似ている。

いったい何が事実なのか。このことを究明することは重要である。女性の拉致連行、それは現在も起こっている。北朝鮮の我が国男女の拉致問題は今も解決していない。中国の児童人身売買、ミャンマーでは女性の人身売買が横行し、その8割が嫁不足の中国へ売られているという。北朝鮮脱北女性は人身売買の対象となっており、20-24歳の女性は7000元、25-30歳の女性は5000元、30歳以上は3000元で中国などに売られている。これらの悪行を仮に国家がしているのであればそれは大問題であろう。

以前、秀吉が日本人が海外に売り飛ばされていることを知り、バテレン神父に望む金を与えるからどうか解放してやってくれと懇願したという歴史事実があったのかどうか、をこのブログで問うたことがある。これに関してはつい最近、その頃(16~17世紀)の海外文献が発見され、三人の日本人が南米に売られていたことがわかった。

第二次世界大戦終結から68年、あの頃を知っている人がいなくなろうとしている。わたしは知りたい、あの戦争とは何だったのかということを。それ故、いわゆる従軍慰安婦の問題も政治問題としてよりも歴史的事実か否かという観点から大いに議論をしていただきたい。

実は、あまり言いたくはないのだが、今問題となっていることは本来は歴史家がキチンと説明するべきものではないのだろうか。政治家、マスコミ等がいろいろと情報を提供しているが、歴史学者はどうみているのだろうか。

参考:『危機に瀕する日本』日韓紛争概説 第2巻: セックスと嘘と従軍慰安婦


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。