雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年06月25日

死ぬほどのことだったのか

今日(6月25日)早朝、岩手県一戸町の大志田ダム付近の車の中で、男性がぐったりしているのを通行人が発見し、110番した。県警二戸署によると、男性は小泉光男・岩手県議(56)=二戸選挙区選出=で、既に死亡していた。

盛岡市の県立中央病院を受診した際、受付番号で呼ばれたことに腹を立て、6月5日のブログで「ここは刑務所か!」「会計をすっぽかして帰った」などと記述。これに対してネット上で批判が広がり、ブログを閉鎖。17日に記者会見を開き「不適切な表現で、著しく思慮に欠けていた」と謝罪していた。

ブログは9日に閉鎖されているが魚拓で見ることができる。それを見ると、以下のように書かれている。

6月上旬、3日ほど県立中央病院に通い続けていますが、当職と、ひと悶着がありました。

“241番”、“241番の方”、“お名前でお呼びします。241番の小泉光男さん。”
→ん!僕を呼んでいるの?と気付いた瞬間、頭に血が上りました。


...と言うことは、それまでは名前で呼ばれていたのかな。病院は、そのときなぜ番号で呼んだのだろうか。どうもよくわからない。

それにしても2011年初当選の岩手県県会議員で二児の父でもある56歳の男性がブログが炎上したぐらいで死を選ぶのだろうか。

わたしのブログは匿名で実名でないから炎上してもブログを閉鎖すればよい。公人であったなら匿名ではまずいだろうし、閉鎖しただけでは問題は収まらないだろう。ただ、匿名のブログであっても、書いたことが名誉棄損や侮辱等の犯罪行為に該当する場合があるのはもちろんのことである。

それにしても、241番の小泉さんは病院に対して積み重なる不満があったのでしょうね。確かに長時間待たされる。ひどい言い方をされる。ひとりの人間として扱われていない。そんなふうに感じるときもあるでしょう。

で、家に帰ってそんな愚痴や悪たれをつくのは何ら問題ではない。でも、公人としてWebでとなると、そうはいかないところがある。いやそもそも、ブログで書くってことは世界中の人に見られるってことだから公人でなくともそれなりの責任を持つ必要がある。

でも、病院の対応に腹が立って、どちらの言い分が正しいのでしょうかと問い、「病院に問題はない。あなたのほうが間違っている」ってものすごいたくさんのコメントが寄せられても死ぬほどの問題ではなかったと思うよ。それにしても、残された家族のことや本人の追い詰められた気持ちを思うとやりきれないな、合掌。


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。