雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年07月10日

生石高原リレーマラソン

8月25日(日)。「汗濁大学アスリートクラブ」というグループが第1回汗濁生石高原リレーマラソンを生石高原で行おうと企画した。個人参加型ではなく、小学生の部、中学生の部、高校・一般の部の3つの部門があり、チーム参加型のようだ。

小・中学生は1周2・1㌔のコースを1周ずつ走り、5人でタスキをつなぐ。高校・一般の部は、2・1㌔×15周を1チーム3~15人で走る。全部門宣言タイムレースで行い、チーム全体の目標タイムに一番近いチームが優勝となる。つまり、競争ではなく、自分のチームの力量が劣っていても、実際の記録が目標タイムに近ければ優勝できる。

大会は8月25日(日)午前9時スタート。小・中学生の部は各10チーム、高校・一般の部は40チーム募集する(先着順)。申し込みはパソコンのインターネットサイト「スポーツエントリー」(http://www.sportsentry.ne.jp/)で、今月(7月)25日まで。

この企画、なによりも生石高原を県内外にPRしたいという思いで今大会の開催を決めた、と言うのがうれしい。この高原のススキはほんとうに見事だが、今の時期はまさに緑の高原である。すぐ近くには鬱蒼とした森の小道が続き、葉裏のそよぎが涼しく感じられるだろう。

緑の生石高原も良い。でも、わたしの好きな生石高原はやはり秋である。この夏のマラソンが盛り上がり、成功したとき是非、秋にも企画をして欲しい。できれば、凧揚げの企画も楽しいだろう。ダンボール紙で滑り降りる競技も子供たちにはきっと楽しい思い出になるだろう。紙飛行機や風船を飛ばすのも良い。和歌山市からすぐに行ける生石高原と紀泉アルプスはもっともっと多くの人に紹介してもいい観光ポイントと思う。

関連:喜びを伝える~喜傳より 生石高原案内図


グーグル・生石高原の写真


同じカテゴリー(イベント)の記事画像
ハリケーンに向かってボートを漕いだ女性
今日のグーグルはグー
13億の大国のネットユーザー
ビハインド・ザ・コーヴ
バセットの涙
お正月の天気
同じカテゴリー(イベント)の記事
 「この世界の片隅に」 観たいなぁ (2017-03-29 19:30)
 政治とスポーツ (2016-08-12 08:52)
 5月の祝日 (2016-04-30 12:17)
 雨の中の桜花 (2016-04-04 09:49)
 卒業式の歌 (2016-03-27 10:04)
 Googleの国際女性デー (2016-03-08 09:21)

この記事へのコメント
汗濁大学アスリートクラブ広報部です。
この度は、第1回汗濁生石高原リレーマラソンを記事にしていただきありがとうございました。
偶然お見かけし、部員一同喜んでおります。
わたしたちは、スポーツを通して和歌山を活性化できればと活動を続けており、今回の大会では生石高原のPRを通し、和歌山の名所をたくさんの方に知っていただければと思っております。
この度は、大会告知にご協力いただき、ありがとうございました。
Posted by 汗濁大学アスリートクラブ at 2013年07月17日 22:48
汗濁大学アスリートクラブ さん、コメントいただき、
恐縮しています。ありがとうございます。
生石高原リレーマラソン、
ほんとうに良い企画だと思います。
第一回ということで、大変だと思います。
応援しています。
Posted by ecellecell at 2013年07月18日 06:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。