雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年08月02日

小6の頭叩いた校長処分

昨日(2013年8月1日)、読売新聞は大阪市教育委員会の小学校の校長に対する懲戒処分の発表を報じた。

大阪市教委は31日、児童7人の頭を手でたたいたとして、同市都島区内の市立小学校の校長(62)を25日付で戒告の懲戒処分にしたと発表した。

校長は「指導のつもりだった。深く反省している」として、31日付で依願退職した。

市教委によると、校長は5月、6年男子児童が校内にナイフを持ち込んで他の児童を脅し、一緒にいた同級生6人も先生らに知らせなかったことを知り、7人を別室に呼び出して頭を1発ずつたたいた。7人にけがはなかったが、市教委は「市立桜宮高の体罰自殺問題を受けて、暴力に頼らない指導を目指す中、管理職が手を上げた責任は重い」として懲戒処分とした。


以上が全文です。この記事をお読みになって何と思われますか。悲しくありませんか。何か間違っていると思いませんか。教育においてほんとうに大切な何かが失われているように感じませんか。

いったい誰が、校長のいわゆる体罰を伴う指導を告発したのでしょうか。果たして、校長は校内にナイフを持ち込んで他の児童を脅した6年男子児童を警察に訴え、監護施設かどこか矯正施設にでも移設するべきだったのでしょうか。それとも、一言注意をして終わりにするべきだったのでしょうか。

わたしは、校長が頭を一発ずつ殴ったことを批判することができません。校長は児童が憎くて殴ったのではないと思います。ナイフを持ち込んだ6年男子児童は軽い冗談だったのか、他の児童はどうしていたのか、詳細はわかりません。おそらくこの7人の児童に対する最も相応しい指導法を知っていたのは担任教諭なり校長だったのでしょう。校長は、言葉だけでは児童はわからないと判断したのでしょう。痛みを伴うけじめが必要と思われたのでしょう。

詳しい状況などもわからないので推測の域を出ませんが、報道された限りの情報では、わたしはこの校長先生を気の毒に感じています。このとき、校長が警察に連絡し、脅迫罪容疑で児童が司直によって補導されるべきだったのでしょうか。おそらくそれが正しいのかもしれませんね。でもわたしは、この校長の行動を支持したいと思うのです。


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。