雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年09月20日

秋彼岸

今日は彼岸の入りです。今年は、今月(9月)の秋分の日をはさんで前後3日合計7日間がお彼岸の期間になります。

彼岸入り:9月20日
お中日 :9月23日(秋分の日)
彼岸明け:9月26日

春分、秋分の日は、太陽が真東から上がって、真西に沈み、昼と夜の長さが同じ日です。人間界から西方に十万億の仏土を隔てた所にあるという極楽浄土。

死後の世界はきっとあると信じたい。だってもう一度大好きだったあの人たちに会いたいじゃないですか。ところで、このお彼岸の期間、真西に落ちる夕日をご覧になってください。そして夜は、きれいな満月を眺めてくださいな。ひょっとすると、くよくよしていたことや深刻な問題と思っていたことが、なんてちっぽけなことだったんだな、と感じられるかもしれません。

お仏壇、仏具の掃除、お墓の掃除、供花やお供えはもう済みましたか。西方浄土におられるご先祖様から受け継いだ命。今日も精一杯頑張ろう。夜はお酒を飲みながら月見でも...

蛇足ですがわたしの子供のころ、まだこの時期、家々では萩とススキを飾り月見団子を乗せた三宝を廊下などに出して置く風習があった。近所の子どもたちはその月見団子をヤスで突き刺し家々を回った。子どもたちに団子を取られた家は福が来ると喜んだものだった。


画像:楽天市場 三宝(三方)

沖縄ではこの時期、月見の宴を催す。各職場で、事務所の庭などで月見の宴を開く。随分前から準備をし、踊り、歌、コントなどを招待者に披露する。もちろん招待者は近所の人や取引先などで始めて顔を合わす人たちとも一緒に月見と余興と泡盛を楽しむ。このような風習は関東にも残っているようだ。

和歌山でも、お世話になっていたり、日ごろ騒音など迷惑をかける近所の方々、社員のご家族などを事務所の駐車場など広場にござなどを敷き、焼き鳥、焼きそばなどで、お・も・て・な・しをすればどうだろう。社長はじめ社員一同が心を合わせてヤキトリの串を刺したり準備をするのも新鮮なことだと思う。きっと企業評価が高まると思うのですけど、ね。


同じカテゴリー(その他)の記事画像
第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」
無理をするなと上司無理を言う
被災者の心の傷
被災地での炊き出し支援
次々と悲しい報せが
避難生活
同じカテゴリー(その他)の記事
 北朝鮮が核実験見送りか? (2017-04-15 13:41)
 近頃珍しい好い話 (2017-03-22 09:49)
 第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」 (2017-02-05 11:00)
 無理をするなと上司無理を言う (2016-12-03 11:40)
 いろんなことが (2016-06-05 09:23)
 グーグルのアップス・スクリプト (2016-05-02 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。