雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年10月16日

元慰安婦の聞き取り調査報告書

平成5年8月の河野談話(宮沢内閣の官房長官)の根拠となった韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査報告書が明らかになった。報道によれば、この調査はずさんなものであって、証言の事実関係はあいまいで別の機会での発言との食い違いも目立つほか、氏名や生年すら不正確な例が少なくなかったという。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101608380010-n1.htm

それにも拘らず、当時も今も、政府は裏付け調査や確認作業は一切行っていない。そもそも、従軍慰安婦問題とは何なのか。この問題は吉田清治という人が『私の戦争犯罪』などでっち上げた作り話から始まったものである。この作り話を例の反日メディアなどが取り上げて、その後国家解体主義の政治家たちが大きな問題にしてしまったという経緯がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E6%B8%85%E6%B2%BB_(%E6%96%87%E7%AD%86%E5%AE%B6

近代の歴史を明らかにするにはまだまだ早いのかもしれない。生きている歴史上の人、遺族がおられることから、思い切ったことを議論することも難しい。やはり、従軍慰安婦といわれる方々に面と向かって、あんたは売春婦だったんだねとは言えない。通常の人間なら、彼女たちに気の毒な人生だったんだね、大変だったねと慰めるだろう。

でも、この間の韓国政府の対応は酷すぎた。昨年末、あの前大統領は何をしてなんと言ったのか。現大統領はどうだ。わたしたちはようやく、韓国という国家の本質を知った。その本質は北朝鮮と何ら変わらない非道の国家政府であった。つまり李氏朝鮮のごとき国家であり、小中華としての属国意識が抜ききれぬ国家であったのだ。

それにしてもいわゆる従軍慰安婦問題、従軍記者や従軍看護婦の皆さんと同列に従軍という言葉を付すのはおかしいのではないだろうか。今後、呼称については従軍慰安婦ではなく追軍売春婦でよいのではないだろうか。もちろん、彼女たちに面と向かっていうことは避けなければならないだろうが、国家レベルの問題であるのだから、事実は事実としてしっかりというべきであろう。

かの国の政府には変な妥協をせず正論をいうしかないのだ。惻隠の情とか、感謝とか、奥ゆかしさ、あるいは謙虚さ、そういうものとは無縁なのだ、韓国政府首脳の意識は。


同じカテゴリー(その他)の記事画像
第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」
無理をするなと上司無理を言う
被災者の心の傷
被災地での炊き出し支援
次々と悲しい報せが
避難生活
同じカテゴリー(その他)の記事
 北朝鮮が核実験見送りか? (2017-04-15 13:41)
 近頃珍しい好い話 (2017-03-22 09:49)
 第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」 (2017-02-05 11:00)
 無理をするなと上司無理を言う (2016-12-03 11:40)
 いろんなことが (2016-06-05 09:23)
 グーグルのアップス・スクリプト (2016-05-02 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。