雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年10月24日

子どもを守れないひとたち

今年7月、和歌山市内の自宅アパートで、和歌山市神前の引越作業員の26歳の男性が当時2歳の長男を虐待し死亡させた疑いがあるとして、昨日(2013.10.23)逮捕されました。

一昨年7月、和歌山市の日赤和歌山医療センターから救急受診した生後2ヵ月の男の子に慢性硬膜下血腫などを確認したと、和歌山県子ども・女性・障害者相談センターに通告がありました。その4ヵ月後(一昨年11月)には、その子は右足を踏みつけられたのが原因と思われる骨折をしています。

県警は、父親である26歳の男性を2度傷害の疑いで逮捕しました。ですが、和歌山地方検察庁は常習的に虐待を行っていたという証拠がないことや、後遺症がないことなどを考慮し起訴猶予処分にしていました。

一方、子ども・女性・障害者相談センターは、家庭内で理由のわからない大きなけがが2度も起きているとして、一昨年11月、一時保護の処置を行い、去年2月17日に、両親の同意を得て、児童福祉施設への措置入所の措置を取りました。

以後、同センターは、両親への指導を続け、去年7月には外出をはじめ、8月には外泊を開始、今年の6月からは1週間程度の長期の外泊なども始めていました。

この間、面会なども続け、両親がセンターの指導に従順であることや、外泊に問題がなかったこと、親族の協力が得られていたこと、さらに、今後も支援の受け入れ継続を約束したため、今年7月8日に施設の入所措置を解除したということです。そして、その2週間後、男の子は亡くなりました。

もう数年前になるでしょうか。大阪西淀川区で、松本聖香(せいか)ちゃんが幼児虐待のすえ亡くなるという事件がありました。9歳でした。親からベランダに放り出され死にました。息を引き取る寸前、聖香ちゃんは、締め出されたベランダで、横たわったまま右手をしきりと動かしていました。「ヒマワリを探しているの」と、うわごとのように呟いていたと報道されました。

同じく大阪市西区で、24歳の母親が自宅マンションに長女の桜子ちゃん=当時(3)=と長男の楓(かえで)ちゃん=同(1)=を閉じ込めて外出。帰宅せずに放置し、餓死させるという事件がありました。

いずれも衝撃的な事件でした。このような事件が和歌山市で起こるとは想像していませんでした。松本聖香ちゃんは実の父親ではなく、母親と同居男性による事件でした。

今度の和歌山の事件は実の父親によるもので、それもまだ2歳の子どもをいじめ殺したのです。何と惨いことをしたのか。幸少なかった君、誰も守ってくれなかった君、とても短い人生だった君。泣き叫んでも誰も助けに来てくれなかった。君を守ってあげることができず、ごめんね。男の子のご冥福を心からお祈りいたします。


同じカテゴリー(その他)の記事画像
第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」
無理をするなと上司無理を言う
被災者の心の傷
被災地での炊き出し支援
次々と悲しい報せが
避難生活
同じカテゴリー(その他)の記事
 北朝鮮が核実験見送りか? (2017-04-15 13:41)
 近頃珍しい好い話 (2017-03-22 09:49)
 第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」 (2017-02-05 11:00)
 無理をするなと上司無理を言う (2016-12-03 11:40)
 いろんなことが (2016-06-05 09:23)
 グーグルのアップス・スクリプト (2016-05-02 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。