雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年11月14日

韓流ドラマを見たぐらいで

今日(2013.11.14)のJCASTが「『北朝鮮』韓流ドラマ見た80人処刑!機関銃で蜂の巣…市民1万人集めて公開」というタイトルで、事実とすれば、平和ボケした日本人にはちょっと信じられないことを報じている。


北朝鮮で韓流ドラマを見たという理由で80人以上が公開処刑されたというニュースが韓国から伝えられた。「中央日報」が北朝鮮を訪れた人の証言として伝えたものだ。

処刑は北朝鮮の主要都市7か所で今月3日(2013年11月)に同時に行われた。元山市での処刑は見せしめのため、当局によって処刑場に1万人の市民が集められたという。その目の前で、木に縛りつけられ白い布をかぶせられた処刑者8人に向けて機関銃が乱射され、バラバラになった遺体はそのまま晒された。集められた市民の中には子どももいて、市民はむごさ、恐怖に震えたと伝えている。


先日も、金正恩第1書記の元交際相手として取り沙汰されたことのある歌手の玄松月(ヒョン・ソンウォル)さんを含む北朝鮮の芸術家十数人が、金第1書記の指示に反してポルノを制作、販売したとして8月20日に公開銃殺されたと報じていた。ソース

この処刑は家族らの前で公開で行われ、その後、家族らは政治犯収容所に送られたという。惨い仕打ちである。しかし、日韓併合前の李朝朝鮮はもっと酷かったというではないか。朝鮮の近代化を図ろうとして失敗した金玉均に対する暗殺と凌遅刑(りょうちけい)などを考えると、かの国の統治者の残虐性は、ちょっとはマシになってきている。例え、機関銃が乱射され、バラバラになった遺体がそのまま晒されているとしても、李朝朝鮮時代の残虐性に比べればまだマシなのだ。


同じカテゴリー(その他)の記事画像
第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」
無理をするなと上司無理を言う
被災者の心の傷
被災地での炊き出し支援
次々と悲しい報せが
避難生活
同じカテゴリー(その他)の記事
 北朝鮮が核実験見送りか? (2017-04-15 13:41)
 近頃珍しい好い話 (2017-03-22 09:49)
 第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」 (2017-02-05 11:00)
 無理をするなと上司無理を言う (2016-12-03 11:40)
 いろんなことが (2016-06-05 09:23)
 グーグルのアップス・スクリプト (2016-05-02 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。