雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2017年03月29日

「この世界の片隅に」 観たいなぁ

「この世界の片隅に」(IN THIS CORNER OF THE WORLD)

昨年のキネ旬邦画1位の映画。アニメ映画が1位になったのは「となりのトトロ」(1988年)以来だって。

話題になった「シン・ゴジラ」や「君の名は」を寄せ付けない高評価。観たいなぁ。呉、広島の戦時下を生きるスズという女性を描いた、この映画。圧倒的な日常のリアリティは多くの若者の支持を得た。

まったく英雄的な物語ではなく、悲惨な被害者を描いたものでもない。この映画は、決して戦争を描いたものではない。ある時代のごく平凡な日常の生活を愛おしく描いたものである。それが多くの人々の共感を得た。そう評する若い人もいる。

朝鮮半島有事が現実的になってきている現在、ぜひ観たい映画(上映時間:126分)のひとつだと思っている。

  


Posted by ecell at 19:30Comments(0)イベント

2017年03月29日

籠池理事長の証言は真実か

先日の衆参予算委員会での籠池理事長の答弁について、ある心理学者(深層心理学者)の見解が面白い。

質問を受け、委員長に挙手する際の手の上げ方下ろし方、答弁中の視線の方向、口をすぼめるなどの表情等から、嘘をついているっていうか、単なる記憶を手繰っているのか、それともある思惑が絡んでいるのかどうか、彼のパターン(癖)を指摘している。

 ・委員長に名前を呼ばれサッと手を上げるのは想定内の質問と答弁
 ・視線が右上は記憶に基づく答弁
 ・視線が左上にあるときは単なる記憶ではなく思惑が含まれている
 ・口元をすぼめるのは不満あるいは攻撃的な気持ちが起こっている
 出典:籠池氏証人喚問 左上に目線がいく証言の意味するところ

で、肝心の昭恵夫人からの100万円寄付に関する証言であるが、その場所、状況などの説明はかなり嘘くさい。夫人に名誉校長をお願いしているのに寄付金を受けるのが、なぜ、人払いをして二人きりでの場でなければならなかったのか。

秘密にする必要があるなら、なぜ、夫人は運転手やお付きの人が同乗する車の中から電話をしたのだろう。秘密にして、とほんとうに言われたのなら、その申し出を守らず、なぜ郵便振込み書に総理の名前を書いたのだろうか。

そもそも、密室で100万円をいただいて、すぐに職員一同に「安倍首相」から寄付していただいた、これからもがんばろう、なんておかしくない?

それに、安倍晋三記念小学院のパンフ(趣意書や寄付金振込書など)は参院では、自民党総裁になられるまでの「一瞬」の使用、衆議院では「5ヶ月」、その日の夜(記者会見)には確か「2年」になっていた?

ほかにも、昭和天皇が来園した、愛知県の名門私立中学の推薦枠を確保した。金額の異なる校舎建築請負契約書。これらの根本にあるのは、資金繰りの悪さにあるのでしょう。欺罔、あるいは詐欺のような手段を使ってでも、補助金や寄付金を集める必要があり、同時にコスト(学校用地の地代や購入費等)を減らしたかったの?

貧すれば鈍する。どんなに才能や人徳がある人でも、日々の生活に困るような状態では、その才能を発揮できず、性格も卑しくなるということわざ。わたしは才能や人徳もないが、身につまされる言葉だ。

籠池さん、「窮鼠猫を噛む」、今はそんな思いなんでしょうか。わたしは、あなたに「窮すれば通ず」という言葉をお贈りします。どうかあなたの信念を貫いてください。どんな思想であっても、法に反しない限り、罰せられることはない。わが国はそんな国ですから。


  


Posted by ecell at 11:14Comments(0)行政

2017年03月28日

総理大臣夫人付秘書のFAX

総理大臣夫人の随行で名刺交換した方から質問要望を受けた。どう致しましょうか、と相談したら、調べてみて応答してあげれば、ということで、「担当者に聞きましたところお尋ねの件は現行制度では難しいとのことです」とFAXで回答した。

このことが何の問題なのか。親切に対応して、褒められてこそ批判されることなぞない。

どっかの国じゃあるまいし、総理大臣夫人付秘書から問い合わせや陳情があって、相手方に忖度が働き法を曲げて執行するなんて、そんな公務員がいたら、当然に懲戒処分ものだ。

今、マスコミに追われているだろう、気の毒な総理大臣夫人付秘書に何の落ち度があったのか。今回の事件は今、問題の核心からどんどんと離れていき、相手方に「忖度」をさせてしまったことに責任があるのかが問われているように思う。実にばかげている。

そんな、「阿吽の呼吸」、「顔色をうかがう」、「ツーカー」、「だれそれの真意」、「空気」など、訳わかんないもので他人を責められるのか。
問題は、国有地の売却額が適正だったのか、その契約手続きは適法だったかについて、粛々と検査院等の監査機関が調べればよいだけの話だと思う。収賄、贈賄、詐欺など法に反した容疑があれば、検察の出番だ。

とにかく今は、総理大臣夫人付秘書の人権等を周囲の人は一番に考えてあげるべきだと思う。まったくマスゴミには強きを助け弱きをくじく輩が多いんだから。  


Posted by ecell at 14:31Comments(0)行政

2017年03月27日

籠池理事長から辻元議員へ

このブログで、森友学園の問題の端緒を開いた豊中の一市議について一定の評価をしてきました。現在、この市議についてネットではいろんな情報が流れています。

その人は木村真さんという名で無所属です。どうやら極左ではないかといわれています。
出典:【動画流出】木村真豊中市議「極右の森友潰したかった」福島瑞穂議員慌てて制止 辻元清美元秘書も立会い

なんか、次々と出てくる人物がすごいなぁ。
総理、その夫人、鴻池議員、フリーの作家、極右、極左あるいは左翼等の地方議員、そして辻元参議院議員...

もう収拾がつかなくなってきている。週刊誌が言う「死なばモリトモ」状態になってる。
一日4億円といわれる国会審議、もっと大切なことを話し合う必要があるのになぁ。

  


Posted by ecell at 12:50Comments(0)行政

2017年03月26日

安倍昭恵夫人のユーモア

国有財産の売却と私立小学校の設置認可に瑕疵や問題はなかったのかという、豊中市議(無所属)の行政文書公開の訴えは、わずかの間に政界を揺るがす大事件になってしまった。

その原因はおそらく次の二つの発言からだろう?
ひとつは、2月17日衆院予算委員会で、昭恵夫人が名誉校長に就く今春開校予定の大阪府豊中市の私立小学校について、設置認可や敷地の国有地払い下げに関与したのではないかとの指摘を受けたときの答弁だ。

「学校認可と土地払い下げ」について、私や妻が、事務所は一切関わっていない。もし関わっていれば、首相や国会議員も辞める。」

安倍首相は24日の予算委員会で、土地取引をめぐる疑惑に関連し、昭恵夫人が名誉校長を辞任したことを明かした。

もうひとつが3月1日共産党小池参院議員の、「国民の財産なんですよ。みんな汗水流して税金払っているんですよ。笑っている場合じゃないでしょう」と、安倍首相や麻生財務大臣が笑っていることを批判した発言。これは効いた、安倍政権のおごりを知らしめる効果があった。そして、この質疑の後の鴻池議員の記者会見。

2014年4月ごろ、議員会館事務所を訪ねてきた同学園の籠池泰典理事長夫妻から封筒のような物を差し出され、「これでお願いします」と言われたことを明らかにした。この暴露会見は、あまり良い感じではなかった。

「籠池泰典による自民党議員への働きかけの面談報告書」という小池議員が持っていた資料は、鴻池議員事務所のものだった。鴻池議員が自ら共産党本部に証拠文書を持ち込んでいたのであり、小池議員の質疑とタイミングを合わせてNNN(日テレ)に同じ文書を渡し、午後7時からマスコミ各社を集めて会見を開いていた。

オバハン、泣いて出しよったで、それを。オーオーと泣いて出しよった。気持ち悪いやろ


出典:鴻池祥肇参院議員ぶら下がり全文・上「オバハンが紙に入ったもの出して来た。『無礼者!』ゆうて突き返した」

この品のない記者会見は、国会での議論に油を注ぎ、自らの疑惑の火消しには一応成功したかのようである。

それで、流れはあらぬ方法に向かっていく。この半月後3月半ば、籠池夫妻は建設業者等からの差し押さえで追い詰められ、とうとう切れてしまった。卒園式での籠池夫人の発言、「明日から理事長は詐欺罪でブタ箱や」

そして、籠池夫人と昭恵夫人とのメールの公開。

籠池夫人「安倍首相はどうして園長(籠池理事長)を地検にいわれたんですか。国は自分等に大事な民衆をきりすてるのは許せない。国会にでます」
昭恵夫人「それは嘘です。私には祈ることしかできません。」

籠池夫人「小学校をやめ、幼稚園は破産、建築や社長は破産、お父さんは詐欺罪、あんまりにも権力を使うなら死にます」
昭恵夫人「お参りします」


いやぁ、すいません、最後の返信メールは偽証でした。正しくは以下のようでした。訂正してお詫び申し上げます。

昭恵夫人「私もどうしていいかわかりません。権力など使っていません。」「自分達の保身ではありません。日本の将来のためです。」



出典:保守速報

蛇足ですが、昭恵夫人は確かに法的には私人ですが、普通の主婦ではないですよ。だって、普通の主婦なら講演会にお呼びしませんよ。今回のことを踏まえ、外国のファースト・レディーのように公人として明確にする必要があるんじゃないだろうか。

ところで、トランプ大統領のファースト・レディーは、奥様それとも長女、やっぱり長女のほうだろうな^^ 内政干渉、失礼しましたぁ。
  


Posted by ecell at 11:31Comments(0)行政