雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2010年10月22日

殺処分

飼い主に捨てられたり、迷子になったり、何らかの事情で飼えなくなった犬たちはどうなるのか。そういう可哀想な犬たちを行政サイドでは、できるだけ処分をせずに引き取ってもらうよう努力を尽くしています。

和歌山市では、万が一飼っている動物が迷子になったら、すぐに保健所生活保健課まで連絡し、あわせて最寄りの警察署会計課にも届出するよう指導しています。

法律で定められた飼い主不明の動物を保護する期間はたったの3日間だそうです。連絡せずに放置していたら、その間に処分される可能性がありますので、いなくなったらすぐに連絡をする必要があります。

和歌山市保健所が言う処分とは殺処分のことで、3~4年前のデータをみると、同市においては犬の年間殺処分数は225匹、譲渡数は25匹です。和歌山市を除く和歌山県内では1,213匹が殺処分され、128匹が譲渡されています。

現在和歌山市を除いた県内の保健所で収容された犬猫は全て県動物愛護センターにやってきます。このセンターでは、攻撃性がないなどの選別した犬を殺処分せずに可愛がってくれる人に引き取ってもらうよう努力をしています。

現在、同センターで譲渡できる犬です。10月15日更新。

野良犬などを殺処分する仕事について、ずいぶん前ですが、下記の本を読み、いろいろと考えさせられました。この世の中は人が嫌がる汚い仕事を黙々としてくださる人たちがいることで成り立っていることがよくわかります。



それから、Youtubeに掲載されていた下記動画ですが、よくできていると思いました。

千葉テレビ放映 名もなきペットたち:「殺処分」ガス室の犬
放送日 【10月7日、8日  2日間】



名もなきペットたち:「殺処分」犬を救う


参考ブログ:
2008年12月04日(木) 2時10分
和歌山の迷子・保護犬BBS
環境省自然保護局総務課動物愛護管理室
地方自治体の施設に収容されている迷子動物が検索できます。今のところ和歌山県も市もこのシステムを活用していないようです。
殺処分ゼロを目指す熊本市コメントが170、一見に値する動画、気の弱い人は見ないで...
嫌われる行政になろう


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。