雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年08月23日

反日の国家

わが国の周辺には未熟で非民主的な国々がある。この不幸は明治のときからである。いや、厳しく言えば、聖徳太子のときからかも知れぬ。ぞんざいな態度、見下した物言い、侮辱、大国主義等々。

反日国家という言葉がある。通常は、韓国、北朝鮮、中国のアジア三国を指す。が、これに日本を含める場合がある。ここで言う反日日本とは、一部の政党、グループ、朝日、毎日新聞、在日団体などを指す。

わが国の現実は、日々強弱はあるものの、これらの国家等から厳しい反日圧力がかけられている。過去、日本は悪いことをした。謝り方が足りない。誠意がこもっていない。侵略と国家併合の行為は末代までも許せない。こんなことを手を変え品を変え(ときには事実を捏造してまで)言われ続けている。そのうえ、固有の領土を奪われ、またもや尖閣を奪われようとしている。

いったい、我われの先祖が戦った大東亜戦争とは何だったのか。何故、彼らは執拗にわが国を責めるのか。すでに、これらの国々とは友好条約を結び、賠償も終え、「完全かつ最終的に解決した」はずではないか。

思うに、かれらは自国の国民の不満をそらすため、政権の支持率アップのため、あるいは特定の問題から民心を逸らせるために反日的行動を取っているということである。反日、侮日行動をとっても日本は怒ってこない。形式的な抗議はするが、何らの実害もない。自国にとっては国益上プラスばかり。だからヤリドクだ。

つまり、わが国は舐められているのである。おとなしく穏便にしているだけでは事態は悪くなる一方である。外交上の非礼を受ければ、キチンとひとつずつ抗議をし、然るべき対抗措置を取る姿勢が不可欠なのだ。

しかし、もちろん当たり前のことだが感情的になってはいけない。冷静に理屈立てて歴史問題や領土問題について主張していくべきである。何よりも大切なことは、わが国が民度の高さとともに民主主義や言論の自由が許されている成熟した国家であることを示すことが肝心である。それ故、法による支配が徹底しているということを示すことが求められている。そういう意味では、今回の尖閣の不法侵入のウヤムヤな措置は拙劣であった。一昨年の屈辱的な酒酔い船長の体当たり攻撃をちっとも参考にしていないと言わざるを得ない。

犯罪行為に対して、法に基づく措置も取らずウヤムヤにすることは決してわが国のためにはならない。尖閣にはこれから何度も不法船や中国の公船が侵入することが予測できる。海岸警備の海上保安庁と防衛省が連携を取り、適切に対応していかねばならない。情報を公開し、適切迅速に対応する防衛組織を固め、真剣に国益を考慮して、戦略的に行動していかねばならない。

今日、韓国が首相親書を返送することを決定したと聞く。それが事実なら、抗議の意味でも、一時、在韓大使を引き上げるべきではないだろうか。具体的に言えば、在韓大使は返送された親書の受け取りを拒否し、強引に受け取りを求められれば、本国から召還を命じるのはどうだろうか。間違っても真夜中に在日韓国大使を外務省に呼びつけ抗議をするなどの非紳士的な外交をしてならない。

出来れば避けたいことだが、しばらく、両国交互の観光も含めた経済活動を自粛するなどの冷却期間を設けざるを得ない状況となるだろう。今の韓国政権には、竹島や象徴への侮辱発言は決して許されないことであり、友好国とは思えない非礼に対しては相当な対応を取る気だという気概を見せないといけない。そうしないと、さらに酷いことを仕掛けてくるやも知れないと感じている。


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。