雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2010年05月05日

エイサーと二見情話

毎年春と言っても1月の末頃、沖縄県名護市で桜祭りが開かれる。ここの桜は、吉野桜とは異なりヒカンザクラ(緋寒桜)と言う。



この桜祭りには「二見情話大会」という催しがあって、出場者みんながこの歌「二見情話」だけを唄うのである。男女掛け合いの美しい歌である。僕らはビールを飲みながら花見をしたり踊ったりして友人の出番を待つ。

少し、遠くから
(男)二見美童やだんじゅ肝美らさ海山の眺め他所に勝てよ
(女)二見村嫁や ないぶしゃやあしが辺野古崎坂の上い下いよ
と哀調の調べが聞こえてくる。

出場者みんながこの歌だけを唄うのである。それはとても楽しくて素晴らしいことだと思う。
まぁ言わば、「銀座の恋の物語」のようなデュエット曲を出場者全員が繰り返し順番に唄うのである。だから誰でも自然と歌を覚えてしまう。それに沖縄の古語は、平安時代の言葉でとても美しい響きをもっているから音が心に響く。

いまさら言うまでもなく、琉球と呼ばれたこの島の文化のレベルは極めて高い。居酒屋の片隅には必ずと言っていいほど沖縄三味線が置かれている。誰かがそれをひきながら唄ってくれる。たまに本物の歌手が居酒屋に来ることもある。


もうひとつはエイサーである。子供のエイサーを初めて観たとき、感激のあまり涙が出そうになった。凛々しいのである。恰好がいいのである。空手の形を取り入れているからか動きがとても美しい。それを一人ではなくグループで演舞をするからよけいに感激してしまう。



ああ、また沖縄に行きたいなぁ...

(このエントリー<entry>は「和歌山大好きなんだけど---」と同文です)


同じカテゴリー(その他)の記事画像
第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」
無理をするなと上司無理を言う
被災者の心の傷
被災地での炊き出し支援
次々と悲しい報せが
避難生活
同じカテゴリー(その他)の記事
 北朝鮮が核実験見送りか? (2017-04-15 13:41)
 近頃珍しい好い話 (2017-03-22 09:49)
 第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」 (2017-02-05 11:00)
 無理をするなと上司無理を言う (2016-12-03 11:40)
 いろんなことが (2016-06-05 09:23)
 グーグルのアップス・スクリプト (2016-05-02 12:00)

この記事へのコメント
沖縄 行った事がありません

桜咲くんですねぇ(」゚ロ゚)」全くイメージがないです

沖縄はとてもsoulfullな感じ・・
行ってみたい・・・ゴーヤチャンプル大好きだしw

南国の魂は優しさが根本にあるように思います♪
Posted by じょっぷ at 2010年05月07日 10:09
じょっぷさん、こんばんは
ゴーヤチャンプル、美味しいですね。ゴーヤチップスって、ビールのつまみにも良いですよ、ビタミンCも多くて。
じょっぷさんは音楽が得意だから沖縄向きかもね...^^
Posted by ecellecell at 2010年05月07日 21:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。