雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年11月02日

和歌山ラーメンタクシーに期待

先月(10月)31日から「和歌山ラーメンタクシー」の運行が始まった。和歌山市を訪れる観光客に名物の「和歌山ラーメン」をPRし、タクシーでお店まで案内するサービス。今のところ、認定運転手は93人。市が実施する研修会に参加し、和歌山ラーメンの知識を問う試験に合格した運転手たちである。

ラーメンタクシーの目印は、車体に「和歌山ラーメンタクシー」と書かれた赤いステッカー。知名度はマダマダだけど、先行する香川のうどんタクシー福岡のらーめんタクシーに負けぬよう頑張って欲しい。

かって、和歌山市のタクシーは評判が悪かった。正確に言うと柄の悪いドライバーが結構いたということ。だから、わたしはタクシーに乗車するときは決まった会社のタクシーを呼んでいた。

ところが最近は、タクシー会社の教育のお陰か(不況のお陰か?)、柄の悪い変なドライバーに出会うことは滅多に無い。観光立県を目指すには、やはりお店の人、タクシー・バスのドライバー、駅員の皆さん方のおもてなしの気持ちは欠かせないものだろう。喜ぶべきことである。

そう感じていた少し前のこと、所要で神戸に行った。そこであの有名なMKタクシーにたまたま乗車した。ドライバーが降りてきてドアを開けてくれるにはびっくり。まるでハイヤーじゃないか。降りるときもわざわざドアを開けてくれる。チップを渡したくなったが、チップは受け取れないと言う。

残念なことに、現在、和歌山ではMKタクシーは運行されていない。面白いことに、近畿運輸局が運賃の値上げを行政指導したそうだ。値上げしても、まだ他社より10%以上も安い。MKタクシーの会社は、そんな事情を「滋賀MK 運賃値上げのお詫びとご説明」で顧客に謝っている。これを知ると、まだまだ和歌山のタクシー業界のサービスについては、改善や工夫の余地がありそうに思えてくる。もっと頑張ってもらって、観光客はもちろん、超高齢社会である和歌山に住む交通弱者のお役になっていただきたいものだ。

蛇足:
四半期ごと、あるいは月末ごとの認定運転手93人による和歌山市内ラーメン店ランキングの発表。乗車したお客の感想アンケート、案内したお店のランキング(客数)の発表。期間中に一番お客を乗車したタクシー会社とドライバーの表彰(賞金授与)。

もっともっと盛り上げる工夫をすればどうだろう。話は変わるが、あの和歌山市のレンターサイクル(100円)のデザイン何とかならないのだろうか。せめて、自転車の前かごに付けているゼッケン(貸し出し自転車番号?)を外せばどうだろう。お客に借りてもらおうとする努力や工夫が感じられない。国の補助金を貰ったから雇用対策のため、ただやっているだけって感じる。受託運営するタクシー会社がかわいそう。

タクシーについて、末筆であるがこれは書いておかなくてはならない。酔っ払い、乱暴なお客、偉そうにするお客。交通マナーの悪い自家用車、狭い道路、事故と交通違反に対する恐怖、時には理不尽なポリス。ほんとうにタクシードライバーの皆さんご苦労様です。頑張ってくださいね。


同じカテゴリー(お店)の記事画像
まともじゃない世界
蓬莱551和歌山店
本ノ字饅頭はどうなる
フェリーの旅
鉛筆彫刻
e-learningシステム
同じカテゴリー(お店)の記事
 駿河屋が再出発 (2015-04-03 11:00)
 LLCピーチ便で成田まで (2014-11-25 09:32)
 まともじゃない世界 (2014-09-01 09:35)
 蓬莱551和歌山店 (2014-08-09 09:15)
 駿河屋倒産のその後 (2014-07-21 08:22)
 駿河屋の売却先が決定 (2014-07-05 11:28)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。