雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2015年12月18日

大統領とオトコの話題

韓国の国会での議論、朝鮮日報のコラム、それに韓国証券街の情報誌のソース(情報源)をもとに、こんな噂もあると産経新聞のソウル支局長が、日本語で日本読者にコラムの形式で報道した。

この記事は、日本語で書かれているので、韓国内では正確に読むことはできなかった。しかし、これを嫌悪した韓国内の団体があった。その団体が、「産経新聞は悪である」と決めつけ告発したようだ。ただ、その記事に悪意の「解釈」を付け加え、韓国語に翻訳し、韓国で読まれているネットに掲載した媒体があった。

いったん、韓国検察庁はこの媒体について産経新聞のソウル支局長と同時に告発をしたのだが、途中で捜査を打ち切ったかのごとく、その後何も決着をつけずに今に至っているらしい。

そういう事実からはこの事件がつまり、いわゆる慰安婦問題など韓国にとって不都合な真実を報道する産経新聞狙い撃ちと言っても言い過ぎではないと思える。だから極めて当たり前のことだけど、韓国の一審裁において、昨日(12月17日)、無罪判決が出された。

結局、韓国大統領が旅客船沈没当日に7時間もの空白の時間帯があったことから、大統領府での執務状況(スタッフと殆ど面談せず文書での報告などが常態)や大統領と側近との関係が不通(プルトン)状態であることなどが明らかになった。この判決を受けてなのかどうかは知らないが、大統領の7時間の空白時間帯については、今後、韓国国会で調査をすることになったようだ。

もうひとつ、書いておかねばならない。それは、韓国での報道の自由をめぐる、この問題について、いわゆる日本国内の左派系のメディアや団体の無関心さである。どうして、これらの連中は憤らないだろうか。

韓国内の情報を日本の特派員がその国で報じられている情報をもとに、日本向けにコラム形式で報じただけで刑事事件になるという無法、どうして黙っているのだろうか。日本の報道機関は、韓国検察をなぜ批判しないのだろうか。韓国マスコミでさえ一部は批判しているというのに。

「帝国の慰安婦」を書いた韓国大学教授に対する刑事告発。朝日新聞の慰安婦誤報の元記者の韓国の大学への就職。韓国の反日的行動を見る限り、韓国を到底民主的な自由国家とは思えない。反日無罪のお隣の大国や国民が奴隷国家のお隣とさほど変わりがないようにさえ感じる。




同じカテゴリー(公益)の記事画像
JR和歌山駅のだまし絵
慰安婦問題の虚偽報道
ちょっとやり過ぎかも
きみはタマちゃんを見たか
和歌山市内のウォークキングMAP
和歌山大学前駅
同じカテゴリー(公益)の記事
 慰安婦は天皇からの贈り物 (2015-09-13 09:38)
 韓国外相を歓迎する (2015-06-18 09:45)
 JR和歌山駅のだまし絵 (2014-12-08 09:56)
 朝日新聞の権威 (2014-09-14 09:20)
 報道の責任の重さ (2014-09-13 07:22)
 朝日新聞が謝罪 (2014-09-12 17:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。