雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2011年01月07日

和歌山駅前の募金

エントリに事実誤認とのご意見がありましたので、2011.11.6を持って4行削除しました。

ところで、このニュース(2011年1月6日 読売新聞)で思い出したのが、和歌山駅前で、『重症火傷の子供のために募金をお願いします』という募金をしていた人のことである。あの黄色い服の男の人を最近は見かけないが、確か、「10年前のヤケドの治療をしたいんです!どうか、今、高校生の女の子を救ってください!その子の名前はえみちゃんと言います。云々...」と、募金箱を手に訴えていた。

何度か見かけてその都度募金をしようか迷った。何故、迷ったかと言うと、えみちゃんという子を気の毒に思いながらも何となく怪しい感じがしたからです。

それで、気になって調べてみた。断定はできないが、やはり怪しいことがわかった。これからは、募金内容の事実確認してから寄付することに決めた。嫌な世の中になってきたものですー


参考:
えみちゃんぶろぐ
「恵美ちゃんを助ける会」という募金活動でお世話になっている恵美本人のぶろぐです☆
これは、恵美ちゃんの成りすまし又は騙りの可能性もあり、和歌山駅のえみちゃんと同一人かどうか不明です。
恵美ちゃんを助ける会
(※現在の主な活動拠点は和歌山県です!)と書かれています。そして、とても酷い写真をアップロードして、以下のように書かれていました。
恵美ちゃんは7歳の時に火事に遭って大火傷をしてしまい、なんとか一命は取り留めたものの現在は傷跡が非常に酷い状態です。
手術を行えば傷を回復させることが出来るのですが、手術費用がなく行う事が出来ずにいます。
そこで、皆さんに(募金という形で)協力していただいて、費用を集めさせていただく!という活動を行っています。
現在の目標金額(まだハッキリはわかりませんが)は およそ数千万になると思います。
(※皮膚移植及び入院費などの完治までの全ての費用を含んだ金額になります。完治は顔だけで5年ほどかかると言われています)。
カリプソジャパン
個人的に釈然としない大火傷募金に関する情報色々
2010/07/27現在、和歌山県警に告発を検討していたブログです。
街頭募金詐欺、被告に懲役5年の判決 大阪地裁(2007年11月30日)
判決によると、無職横井清一被告(36)は04年10~12月、「NPO緊急支援グループ」と称して若者らを京阪神一円の路上に立たせ、通行人10万人以上から約2500万円をだまし取った。判決は「多くの人の善意を踏みにじった言語道断の犯行」と述べ、詐欺などの罪で懲役5年罰金200万円(求刑懲役6年罰金200万円)とした。


同じカテゴリー(公益)の記事画像
JR和歌山駅のだまし絵
慰安婦問題の虚偽報道
ちょっとやり過ぎかも
きみはタマちゃんを見たか
和歌山市内のウォークキングMAP
和歌山大学前駅
同じカテゴリー(公益)の記事
 大統領とオトコの話題 (2015-12-18 11:35)
 慰安婦は天皇からの贈り物 (2015-09-13 09:38)
 韓国外相を歓迎する (2015-06-18 09:45)
 JR和歌山駅のだまし絵 (2014-12-08 09:56)
 朝日新聞の権威 (2014-09-14 09:20)
 報道の責任の重さ (2014-09-13 07:22)

この記事へのコメント
関連箇所を削除しましたのでご確認ください。
Posted by ecellecell at 2011年11月06日 07:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。